地震について勉強しました。地震断層は、過去にくり返し地震を起こしていることが多いです。第四紀に活動し、今後も活動すると映る断層を活断層といいます。活断層は、大きな地震がくり返し起こったところであり、活断層による地面の上げ下げのくい違いが積み重なると、大きな高度溝となって地形に現れます。大規模な活断層は直線状のものが多いので、その尽力でできた地形も直線状の境界を醸し出すことが多いです。震源ではP流れとS流れが一気に発生しますが、P流れのほうが速く行き渡るので先に到着します。P流れ到来からS流れ到来までの期間をP-S期間(早急微動後継ぎ期間)、その間のP流れだけの地震動を早急微動といいます。震源までの道程が遠いほどP-S期間が長いだ。震源道程に関する等級を大森正といいます。地震は地球上の特定の科目に集中して起こっていることがわかります。震央が密集し帯状に連なって思える地帯を地震帯といいます。地震帯の多くは、プレートの境界に位置している。至極勉強しました。ミュゼ vio 口コミ